汚染廃棄物仮置保管施設

関連製品
PC雨水貯留槽 アグア耐震性防火水槽

汚染廃棄物を素早く、安全に遮断します

汚染廃棄物仮置保管施設はプレキャスト製のコンクリートと遮水シートを組み合わせ、必要な容量の施設を安全かつ短期間で構築できる構造となっています。また、汚染廃棄物搬出後の、施設の解体撤去も容易に行うことができます。様々な廃棄物の種類や量、汚染レベル、ニーズに対応するため、ベースとなる5種類の保管施設を用意しました。

コンクリート製施設で確実に遮断します

下水道汚泥、除染のために剥ぎ取った土壌、間伐材、除草、焼却灰などを安全に保管できます。放射線の遮蔽効果が高いコンクリート擁壁内に仮置きすることで、大幅な線量の減衰効果が期待できます。

kyoukai_osen.jpg

特長

遮へい材「プレキャストコンクリート」+遮水材「遮水シート」複合構造
  • コンクリートの高い遮へい性能
  • 遮水シートによる高い遮水性能
  • 短期間に構築可能
  • 増設や撤去が容易
  • 耐久性に優れる

大型仮置保管施設

osenhaiki01.jpg osenhaiki02.jpg
プレキャストコンクリートL型擁壁と蓋パネルで、必要な容量の施設を素早く構築します。

長期の搬入に対応するため、移動式テントを上部に設置するタイプの保管施設です。

osenhaiki03.jpg osenhaiki04.jpg
施設内にタイプIII移動式保管ボックスを配置する事で、二重に遮へいするタイプの保管施設です。 十分な部材厚の大型プレキャストボックスカルバートで構築する保管施設です。

保管容器

osenhaiki05.jpg osenhaiki06.jpg
少量の廃棄物保管に対応したコンクリート製の保管容器です。保管後は蓋を開けることなく運搬可能です。 蓋パネルに開閉可能な投入口を設けたタイプです。コミュニティ単位等の廃棄物回収に最適です。
osenhaiki07.jpg  
本体を分割構造として軽量化を図り、運搬や設置を容易にしました。より多くの場所で利用することができます。  

 

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha
  • コンクリート製品検定