うらかたくん

(大型ブロック積擁壁専用裏型枠付)

関連製品
ニューウォルコン IV型YLウォールGPプレコンEXGr-L型擁壁ミルウォールゴールコンシキール(化粧付境界ブロック擁壁)テールアルメ緑生擁壁SPブロックCOCO.A.グリーンPAN WALLCAB WALL

NETIS登録番号:KK-020063

コンクリートを使う間知ブロック積・もたれ擁壁工に代る新しいスピード土留プレハブ工法の大型ブロックです。

NEP工業会

urakata01.jpg urakata02.jpg

 

特徴

  • ハーフプレキャストとは、工場にてインサートを埋込んだブロックとKCパネルを現地にてセパレータを介して連結する工法です。裏型枠の組みばらし工程が省略され飛躍的に工程が短縮されます。
  • 従来の積みブロックの額面・控長を大型化し、前壁に勾配(1:0.5)を付けている為、四品を水平に据付けるだけで簡単に所定の勾配に築造出来ます。
  • 製品を1段毎に積み上げ、胴込(裏込)工を施し所定の高さ迄築造する大型ブロック積擁壁です。
  • 胴込・裏込のコンクリートの打設圧力はセパレータをブロックと専用裏型枠につなぐ事で相殺する為、施工時に変位する恐れが無くなります。
  • 連積用のハーフプレキャストブロック構造ですので、従来のコンクリート擁壁と同様、土圧の大きさに応じて、断面厚を選定しながら安定条件を確保する事が可能です。
  • 専用裏型枠のKCパネル【耐腐食性樹脂型枠(材質:ポリプロピレン系複合材)】は、脱型をせずにそのまま埋めて使用しても、環境に与える影響はありません。また、KCパネルはリサイクル材を用いた製品で環境に配慮しています。
  • 歩掛りについては、石積・コンクリート擁壁の様に石工・型枠工を必要とせず、特殊作業員(ブロック工)と普通作業員で十分なので従来工法・類似大型ブロックと比較しても、極めて省力的で現在の建設業界に即した工法と言えます。
  • 水抜き孔は役1平方メートルに1個を設けており、ブロック1段毎に排水が可能です。又、吸出防止剤は、一般に市販されている不織布が適当です。

 

形状図

urakata_cd02.pngurakata_cd01.png

kc_cd.png

標準施工断面図

urakata_cd03.png

urakata03.jpg

 

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha
  • コンクリート製品検定