PAN WALL

(地山補強土工法)

関連製品
シキール(化粧付境界ブロック擁壁)ニューウォルコン IV型YLウォールGPプレコンEXGr-L型擁壁ミルウォールゴールコンテールアルメ緑生擁壁SPブロックうらかたくんCOCO.A.グリーンCAB WALL

NETIS登録番号:CB-980093-V
【設計比較対象技術】特許 第5065227号

PAN(Panel And Nail)WALL工法は、急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用し、急勾配化(垂直~5分)により自然法面を可能な限り残す、逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

kyoukai_panwall.jpg

 

panwall01 panwall02 panwall03

 

 

特徴

  • 急勾配(垂直~5分)により、法面上下における有効な土地活用が可能です。
  • 構造物を上から下へ仕上げる逆巻き施工により、支障物の保護と施工中の地山のゆるみと崩壊事故防止します。
  • 表面工プレキャスト化により、品質の向上と工期短縮・省力化が可能です。
  • 高い耐久性とメンテナンスフリーにより、長期的なライフサイクルコストで優位性を発揮します。
  • 高い強度により、優れた耐震性を実現します。
  • 意匠パターンの多様化により、様々な景観に対応します。

panwall_map01

panwall_map02

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha