東栄コンクリート工業株式会社

東栄コンクリートの
取り組みOUR EFFORTS

品質に関する新たな取り組み

凍結融解試験

東北地方における冬期間の環境は厳しく、コンクリート製品が受ける凍害への耐久性を配合毎に測定するため凍結融解試験機を保有し、耐久性の高いコンクリート製品の開発に取り組んでおります。

新素材CfFAを使用したコンクリート製品

当社では、新たな素材としてCfFA(加熱改質フライアッシュ)を用いたコンクリート製品を製造しております。製品の長期強度・美観向上、並びに天然資源の使用削減により、環境負荷軽減にも貢献しております。

生産に関する新たな取り組み

第2工場生産ラインの設備紹介

本社第2工場が平成27年にリニューアル致しました。リニューアル後は形状や大きさの違う型枠を自由に扱うことができ、棒バイブレータによる高周波振動の自動化にも取り組みました。また、コンクリートもプラントからの直接搬送することが出来るようになり、作業効率が向上しました。工場内をLED照明とすることで夜間の作業性向上やケガ防止につながっております。

設計に関する新たな取り組み

当社では3D-CADを使用し、構造物の複雑な組み合わせの検証や複雑な製品の質量計算及び重心の確認、施工イメージの作成など、2Dの図面では難しい詳細な情報をお客様にご説明できるよう取り組んでおります。3Dを用いる事により、製品製造時や施工時の部材干渉の検証を行えるようになりました。より分かりやすくご説明、ご提案が出来るよう、3Dという新たな技術でお客様のご要望にお応えしております。

3D-CAD
3Dプリンター
3Dプリンター作業動画