カルバート

  • 道路下に埋設し、主に下水道及び排水用管路として使用されるほか、地下道、貯留槽など多岐にわたって使用できます。   特徴 頂版および底版にアンボンドPC鋼棒を使用したポストテンション方式のパーシャルプレストレストコンクリート構造とし、また側壁については、鉄筋コンクリー...

  • 道路下に埋設し、主に下水道及び排水用管路として使用されるほか、地下道、貯留槽など多岐にわたって使用できます。   特徴 RCボックスカルバートは、部材に発生する圧縮力はコンクリートで、引張力は鉄筋で受け持たせる構造です。部材の引張側に異形鉄筋を配置することによって、派生...

  • 従来は現場打ちであった大型ボックスカルバートを製作・運搬・施工・経済性を考慮してプレキャスト化しました。 ...

  • (プレキャスト・アーチカルバート)
    テクスパン工法は現場打ちカルバート工法に代わる、プレキャスト・アーチカルバート工法です。 施工性・経済性・景観性に優れ、橋梁代替え工事、カルバート工事にと多くの実績を積んでおり、施工は1対のアーチ部材を相互に架設する繰り返し作業なので、特殊技術や熟練工を必要とせず、大幅な工期短縮を可能にします。 特徴 従来のRC橋梁・鋼製橋梁の代わりに、テクスパン工法を適用することで大幅なコスト削...

  • (プレキャスト・アーチカルバート)
    コンスパン工法は、橋長14m程度までの橋梁の新設、架け替え工事において、アーチ型プレキャスト部材を用い「カルバート工法」としてその代替を行う技術です。 主に大規模工事のテクスパン工法に対し、内空幅4m~12mの中小規模の構造物に適しています。 特徴 コンスパン工法の設計はカルバート工指針に準拠し設計がより簡便になります。 コンスパンの設置から盛土・舗装・付帯設備まで特殊技術...

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha