矢板用笠コンクリートブロック

関連製品
ふる里カゴボックス(平張りタイプ)カゴボックス(積みタイプ)はやせアベイラス(畜光材)

当社の笠コンクリートブロックは、従来工法(現場打ち工法)と比較し、工期短縮、工費の低減、工法の安全化、均一化を目標として、製品化を行いました。

yaita_ph01.png yaita_ph02.png yaita_ph03.png
kasaconhutprod01.jpg kasaconhutgenba01.jpg

 

特徴

  • 従来工法は、前面が水面等の為、L形鋼を溶接した支保工、足場等を必要としましたが、一体形状のプレキャスト製品の為、直接矢板にかぶせ、高さ調整用金具で高さを調整し、据付後生コンを投入する為、全て、陸上施工が可能であり、現場での型枠・鉄筋組立等の作業が不要となる為、大幅に工期が短縮されます。
  • L形鋼溶接不要、機械布設が可能、仮設費の削減、工期の短縮等によって工費の低減が図れます。
  • 水面側の足場や、仮締切が不要の為、陸上施工が可能で、施工管理が容易となり、また、プレキャスト製品の為、外観も良く、工事の確実性、品質の安定性が確保されます。

形状図

広幅矢板用 笠コンブロック

yaita_cad01.png

ハット型鋼矢板 笠コンブロック

hutgatakasaconblock01.jpg

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha