防草用コンクリート工法

(雑草防止工法)

関連製品
TB(タッチボンド)工法エアーキャスター工法オープンシールド工法MOS工法W2R工法高耐久性埋設型枠SEEDフォームあんしんバリアー工法

NETIS登録番号:QS-980205
  1. 雑草を無くすことで、「景観が良くなり道路環境の改善」になります。
  2. 歩行者、自転車走行の様な「弱者に優しい構造」で、「交通事故の減少に寄与」します。
  3. 維持管理に要する「草刈り費用が削減」されます。
  4. ブロックの「施工性は従来と同じ」です。特に舗装材の新設施工や撤去工事等も従来と同じ要領で行えます。
  5. 最初に施工を始めてから十数年と「圧倒的な実績」を誇り、その「施工総延長は数百キロメートル」と日本一です。
  6. 施工後の評価も大変良く、官公庁によっては、「従来と同じ価格なら」と「工法指定」を頂く場合もよくあります。
  7. 製品単価も施工費も従来施工と全く同じで「積算も至極簡単」です。
  8. 「NETIS登録はすでに10年間掲載済み」で、実績共に申し分ありません。
  9. 「従来製品の形状をほぼそのまま確保」しているので車の衝撃荷重に対しても強く、安定性も向上します。
  10. 雑草防止工法の突起部は、「植物の成長を確実に止める効果」があります。また「舗装部が突起としっかり噛みあう」ため「店舗がひび割れたり、ずれたりしない効果」があります。
  11. 雑草防止工法に対応する製品には、保車道境界ブロックのみならず「排水型歩車道境界ブロック・暗渠形側溝・鉄筋コンクリート・L型・溜桝・L型擁壁」等、多数に渡ります。
boso_ph01.png
左側「雑草防止工法」により施工
※雑草が全く生えていません。
右側「通常のブロック」で施工
※肌別れして雑草が繁茂しています。

bousouyoucon01.jpg

boso_ph02.png boso_ph03.png
舗装前の状況(下部に凸部が確認できます) 排水型歩車道境界ブロックの施工例

 

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha
  • コンクリート製品検定