オープンシールド工法

(函渠・開渠の急速地中埋設工法)

関連製品
TB(タッチボンド)工法エアーキャスター工法MOS工法W2R工法高耐久性埋設型枠SEEDフォームあんしんバリアー工法防草用コンクリート工法

NETIS登録番号-KT-990261-A

周辺環境に配慮して都市基盤"下水道・雨水渠・共同溝と農業用洋排水路等"の整備に関する特許工法です。

kyoukai_open.jpg

openshield_01.jpg openshield_02.jpg
openshield_03.jpg  

 

特徴

  • 急カーブ施工ができます。
  • 家屋などに近接施工ができます。
  • 軟弱地盤、帯水層でも施工できます。
  • シールド機上部は開放可能です。
  • 騒音振動が少なく
    施工幅が小さく
  • 地下埋設物の下を通過可能。
  • 既設水路の回収施工が可能。
  • シールド機は地中残置可能。
  • 安全で経済的。

 

工法の種類

NOSI型:裏込注入タイプ

家屋近接狭隘箇所、軟弱。高地下水位地盤等で周辺への影響を最小限に抑える必要のある箇所などに適する。

  • 家屋等近接狭隘箇所
  • 軟弱・高地下水位地盤
  • 急曲線施工箇所

nos1.jpg

NOSⅡ型:裏込注入なしタイプ

比較的自立性のある地下水位の影響の少ない地盤で、簡易土留め工法より安全に施工する必要のある箇所などに適する。

  • 簡易土留めでは安全性が懸念される箇所
  • 開削工法と同様の基礎築造箇所
  • 曲線施工箇所

nos2.jpg

NOSⅢ型:推進タイプ

既設橋下越し施工箇所、交差点や道路横断部等で、最小限の交通制限で施工する必要のある箇所などに適する。

  • 家屋等近接狭隘箇所
  • 軟弱・高地下水位地盤
  • 上空制限等のある箇所

nos3.jpg

NOSV型:ESAタイプ

比較的自立性のある地下水位の影響の少ない地盤で、早期に安価に施工する必要のある箇所などに適する。

  • 早期施工箇所
  • 開削用函渠と同性能の函渠敷設箇所
  • 開削工法と同様の基礎築造箇所

nos5.jpg

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha