はやせ

(前面魚道ブロック)

関連製品
ふる里カゴボックス(平張りタイプ)カゴボックス(積みタイプ)矢板用笠コンクリートブロック

落差下流側に緩やかな斜面を設け、自然の川のごとく生物の移動が行えるよう開発した生態系保全ブロックです。

hayase01.jpg hayase02.jpg

 

特徴

  • 5種類の形状ブロックを用意しており、各ブロックの組み合わせにより様々な水の流れを生み出し、多種多様な生物がそれぞれに適した経路を選択して移動できます。
  • 渇水期などで水量が減少した場合にも、本体の窪みと水流方向の設定による集水効果によって澪筋を保ち、移動経路を確保します。
  • ブロックごとの段差が無いので、小型魚種や底生生物の移動も容易です。
  • ブロック単体は1.5m×1.5mの大きさで、河川形状に合わせた対応ができます。
  • また現場打ち魚道と比較して施工が大変容易です。
  • 玉石形状を基調とし、藻類の付着面積を増大させると共に様々な河川景観に調和します。

設計条件

  • 標準仕様勾配は1:10.0以上となります。

形状図

hayase04.png

▲TOPへ戻る

  • 動画コーナー
  • facebookページへ
  • オフィシャルブログ
  • 広報機関誌 Plus Alpha
  • コンクリート製品検定